ゆれない

未来へとつながる映像文化の発展に貢献した映像人を称える「第1回Invitation AWARDS」の映画賞に西川美和監督の『ゆれる』が選ばれた。

img_0.jpg

田舎で家業を継ぎ老いた父と暮らす兄。東京で派手に暮らすカメラマンの弟。彼らの幼馴染の女。 女の転落死の唯一の目撃者となった弟の内面描写と兄弟の人間関係が全てであるこの映画は、その揺れ動く感情を水面、吊り橋、草むらなどの情景描写と絡めて紡がれていく。 事件か事故か。疑惑と葛藤に悩む弟を過去最高の演技で魅せるオダギリジョー。不作の年だった2006年の映画界だけど、この映画が屈指の傑作であることはゆるがざる事実だ。


Featured Posts
Recent Posts
Archive