自己犠牲的、愛

いわずと知れた東野圭吾の代表作。小説なのに主要登場人物の心情や関係性を一切描かないという手法で描かれている。 お勧めしたいんだけど文庫本なのにポケットに入らないから読むには相当な覚悟が要る。 大体、厚揚げと同じ厚さ。

16963c0d.jpg


Featured Posts
Recent Posts
Archive