支え役

刑務官の苦悩を描いた人間ドラマ。刑務官は時に死刑執行命令を受け、その場に立ち会わなければならない。執行にはいくつかの役割があり、その中で最も重い役割である「支え役」を担った者には一週間の休暇が与えられる。 結婚を控えた平井は有給休暇を使い果たし、新婚旅行に行けずにいた。しかし「支え役」を引き受ければ休暇がもらえる。 どうしたものか。 人の死に関わった人間が、はたして誰かを幸せにできるのかといった葛藤が描かれている。この「支え役」という言葉。ただ単に執行役のひとつを指しているのではなく、誰かの人生を支えると言った意味も含まれているようでとても奥が深い。決して晴々とした気分で映画館を後にできるような作品ではない。 しかし多くを考えずにはいられない傑作であることは間違いない。

kyuuka.jpg

『休暇』


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square