搾り出して配達

わずか数館から始まった上映が口コミによって2000以上の劇場で公開され、アカデミー賞にノミネートされるまでとなった。 16歳の少女が妊娠する話なんだけど、この主人公が痛快なキャラクターで、悪態をつきながらも持ち前のユーモアのお陰で嫌味を感じさせない。このような会話劇を生み出した脚本家は、それまではただの個人ブロガーで、その軽妙な文章が製作の目に留まり大抜擢されたという人物。非常に面白い。 それぞれ過程では失ったものがあっても最後には全員が何かを「得る」ことになる結末は、切なく感動的だ。

61c5bda3.jpg

『JUNO』


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square