Don't WALL・E

オートメーション化された社会への警告がテーマ。そのような社会におけるエラーは故障として処理されるけど、実はそれは個性でもある。そんな個性を得た仲間と助け合い、ある目的を果たすためにWALL・Eは奔走する。 ビジュアル的に感情表現が難しいロボットが主人公なんだけど、セリフもほとんどないのに実に豊かな表情を見せる。さすがはピクサー。

db04d201.jpg

『WALL・E』


Featured Posts
Recent Posts
Archive