苺夜

タイトルのイメージから内容を推測して読むと、そのギャップに面食らうことになる。あるひとつの小さな事件をきっかけに猟奇的な大事件へと発展していく本格事件モノ。決して甘くはない。 では堅苦しい内容かといえばそうではなく極めてエンターテインメント性は高い。特筆すべきは活き活きとした人物設計だろうか。小説に限らず映画やドラマでも人物が描けていない作品が多いけど、この小説の登場人物には血が通っている。 好きな作家が一人増えました。

sn.jpg

『ストロベリーナイト』 誉田哲也 著


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square