医療の闇

優良コンテンツとして世界の様々なジャンルで認められ始めた日本の漫画。娯楽性・社会性の高い作品を多く生み出している佐藤秀峰という作家は表現の場を求めて幾度か出版社を渡り歩いている。 社会性の部分で表現の制約を受けることが少なくないらしく、時には半年以上の休載に入ったりする。それでも連載が続くのは作品自体の質が高いからだ。と思う。

76ef53c7.jpg


Featured Posts
Recent Posts
Archive