人情が織り成す群像劇

人気作家・東野圭吾の最新作。彼の作品に度々登場する刑事・加賀恭一郎が活躍する話。 今度の舞台は日本橋。江戸の風情が残る下町ならではの「人情」がある出来事を難解にしていく。一見無関係なように見えて実は一本の糸で繋がっているという9つの話が複雑に絡み合い、それを加賀恭一郎が解いていく。 内容に大した驚きは無いけれどその構成力には脱帽です。彼にしか書けない話。

7andy_32307269.jpg

『新参者』 東野圭吾


Featured Posts
Recent Posts
Archive