神奈川近郊でデザイン住宅を設計する事務所

神奈川県横須賀市の松岡淳建築設計事務所は、代表の松岡淳が2012年に設立した事務所で、地元の神奈川県や東京都はもとより、日本全国各地でデザイン住宅の設計を行っております。当事務所ではお客様からいただいたご要望をもとに、機能性の高いデザイン住宅をご提案いたしており、2012年の設立から現在に至るデザイン住宅の設計実績は、当ホームページから閲覧が可能です。この設計実績のページからは、住宅などの外観から内観まで豊富な写真でご覧いただくことができ、敷地面積や建築面積、構造などの他、実際に生活をされているお客様の家族構成もご紹介しております。シルバーの外観が印象的な東京都杉並区にある【浜田山の家】は、狭小変形敷地でありながら、それを逆手に取って空間の魅力として最大限引き出し、狭いながらも圧迫感を感じさせない構成としている所が特徴です。一方で神奈川県三浦郡の【葉山の家】は、広さを活かしたリビングや、大きな窓を設けた浴室から、富士山を眺める事が出来る贅沢な空間を演出しております。

神奈川の松岡淳建築設計事務所でデザイン住宅を建てる

他のサイトでも紹介をされている、神奈川県横浜市の【最戸の家】は黒いキューブ型の外観を持つデザイン住宅で、1階にはピアノが置かれている玄関ホールがあり、吹き抜けとなっているので晴れた日は日光が差し込む中、ピアノや周りの景色を楽しむことができます。このように当事務所では、お客様の家族構成やライフスタイルに応じた設計のご提案をいたします。当事務所では、こうしたデザイン住宅の建築の他、既存の建物の内装を生まれ変わらせるリノベーションやコンバージョンの企画から設計、監理まで一貫して行っておりますのでリフォームをお考えの方にも最適です。また、住宅以外にも、企業の事務所や、自治体のまちづくりデザインのコンサルティングや、街の魅力を輝かせるためのブランディング業務も行っております。デザイン住宅からテナントビルなどの土地活用のご相談にも対応しておりますので、こだわりを形にしたいとお考えのお客様は当事務所までお気軽にご相談ください。

神奈川でデザイン住宅をご検討でしたらご相談ください